2013年04月19日

Xposed moduleその後

Xposed moduleの作成の練習がてら、色々とmoduleに組み込んで遊んでます。
実際に作ってみたのは、
・カメラアプリのシャッター音切り替えメニューの有効化(samsung端末専用)
  Screenshot_2013-04-04-15-24-45.png
・docomo端末でMVNOなSIMでもテザリングを使えるようにするためのAPNの書き換え(docomo端末専用)
・ActionBarを下に移動する
  Screenshot_2013-04-09-22-22-58.png
・NavigaionBarを表示・非表示する
・ステータスバーのバッテリー残量1%刻みで表示
・TelephonyManagerで取得できる電話番号、SubscriberID, IMEIなどの偽装
  Screenshot_2013-04-11-22-26-39.png
・ContentProviderで取得できるアドレス帳データの偽装
などです。
これらのパッチは、ある程度まとまったら、パッチコレクションのアプリとして公開しようかと思います。

製作過程で、何度か書き換えに失敗して、端末が再起動を繰り返す状態に陥りました。
その場合、起動途中でadbが使える状態であれば、すかさずadb uninstallでmoduleをuninstallしてしまえば、元の状態に戻せました。
まぁ、最悪、moduleがuninstallできなくても、CWMが使える環境であれば、SDカードの直下にあるXposed-Diasabler-CWM.zipをCWMで焼けば、Xposedが無効化された状態で起動します。

直接、systemパーティションのframeworkやSystemUIをいじるよりかは、文鎮化のリスクは少ないかなと思います。
(決して、リスクがないことを保障するわけではありません。最終的には自己責任ですが…)
posted by まつも at 00:07| Comment(7) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。