2013年03月29日

Xposedの日本語解説サイトが見当たらなかったので書いてみた

Xposedは、Android端末内のありとあらゆるアプリ(システムファイルも含め)の、メソッドの書き換えや、リソースの置き換えが出来る便利なツールです。
しかも、メソッドの書き換えや、リソースの置き換えの部分は、モジュールとしてapkファイルで提供されているので、必要なものをインストール、有効化して、端末を再起動するだけで使用できます。
今までのような、framework.jarをばらして、smaliを書き換えて再度固めて置き換えて、といった面倒から開放されます。

必要な条件:
・rooted端末
・OSが4.0.3以上

■使い方
まずは、
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1574401
から、XposedInstaller.apkをダウンロードしてインストールします。
Xposed Installerを起動して、「Install/Update」をタップします。
端末を再起動します。

これで準備が整いました。
次に、使いたいモジュールをダウンロードしてインストールします。
http://www.villainrom.co.uk/forum/forums/xposed_framework_mods/
ここに、モジュールがたくさん登録されています。(ダウンロードには無料の会員登録が必要です)
インストールしたら、Xposed Installerを起動して、Modulesタブでチェックをつけて有効化します。
端末を再起動すると、モジュールが有効になります。


■モジュールを作ってみたい方
こちらのチュートリアルが参考になります
https://github.com/rovo89/XposedBridge/wiki/Development-tutorial

私もいくつかモジュールを書いてみましたが、とてもわかりやすいです。
posted by まつも at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353148384
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。