2012年02月04日

どのアプリが出したか、わかりやすいトースト作ってみた

通常のToastは文字しか出なくて、今動かしているアクティビティが表示しているのか、
もしかしたらサービスやウィジェットが表示しているのか、いまいちわかりづらいです。

そこで、Toastのtextの左側にアプリアイコンを表示するようにしてみた。
これで、どのアプリケーションが表示したToastなのか一目瞭然。

使用前
使用前

使用後
使用後


使い方は簡単。
こちらのソースをcloneして、
ライブラリプロジェクトで使用する設定にして、通常のToastの代わりにHoneyToastを使用するだけです。

さらに!
makeTextのあとにshow()をよく忘れる人のために、makeTextAndShow()メソッドも用意したよ!
posted by まつも at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのサイトで中華Padのblack marketの導入方法など参考にさせてもらったのですがmarketのほうのアカウント設定で二つのiDを取得するためのgetuidアプリが取得できるのかわからないのですが、getuidはもうダウンロードは無理なのでしょうか?
もうひとつの方法を拝見しましたが長文でなかなか理解に手間取っています。
もしもう一つの方法でIDを取得できるような解説をしていただけますか?
いきなり無理なことを言ってすみません、どうしても中華Padで色々遊んでみたいのでご参考にさせていただきたいです。
Posted by yukitoro at 2012年02月11日 14:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。